壊れた障子の桟を補修しました

『古くなり破損個所がある障子を直せないか』とのご相談を受けました。そこで、出来るだけ既存の桟を活かし、割れていてもボンドで接着することで修復できるところは接着し、接着では対応できない箇所はあえて切断し、新しく桟を製作しました。

施工後:新しい材料で桟を2本製作しました。

施工後:下側は縦桟を活かせたので横桟のみを製作。上側の桟は縦横桟両方壊れてしまっていたので、両方を一度切断し新しい桟を製作しました。

施工後:新しく製作した桟に色を塗ることで既存の桟の色に近づけています。


Page Topへ