老親のために手すりをつけたい。どこにつけるのがいい?

まずは玄関、トイレ、階段に設置をおすすめします。

「つまづきやすくなった」「立ち座りがしんどく感じる」高齢者のこうしたポイントを押さえて設置することで、暮らしの中のいろいろな動作がぐんと楽になります。

【玄関】壁の手すりと合わせて、土間に椅子やベンチを設置すれば、靴の履き脱ぎがしやすくなります。

【トイレ】便器横にL型手すりを設けると、立ち座りが楽です。

【階段・廊下】階段の上り下り、廊下の歩行をサポートして転倒を防ぎます。

以上が一般的な設置ポイントです。他にも、浴室、寝室などご相談の上でご希望の個所に設置できます。


Page Topへ