春分の日・秋分の日ってなに?

春分の日秋分の日、毎年 お彼岸のお中日でお休みですが、いったいどんな日か知ってますか?
太陽は,東の方から出てきて,南の空を通って,西の方にしずんでいきます。しかし,その動きは1年中同じではなく,毎日,少しずつかわっていきます。
春分・秋分の日は太陽が真東から上り、真西に沈みます。そのため、昼の長さと夜の長さが同じといわれています。(実際には日本では14分ほど昼が長いんですよ)
『太陽の通り道』なんて普段あまり意識しないで過ごしていますが、ちょっと意識して方角を確認したくなりますね。
 


Page Topへ