紫外線UVA・UVB なにが違うの?

波長の長さ違いです
太陽光線は波長の長さで短い方から、ガンマ線->X線->紫外線->可視光線赤外線 に分けられます。
紫外線はさらに波長の短い方から、C波(UVC)->B波(UVB)->A波(UVA)と分けられます。
このうち波長の短い光線ほど体への影響力が強いのですが、オゾン層にカットされ、実際に地上に届くのは紫外線B波(UVB)からの光線になります。
紫外線B波(UVB)はエネルギーが強く、日やけの主な原因となります。
紫外線A波(UVA)は波長が長いため肌の奥深くまで到着し、長い時間をかけ、気付かない間にシミやしわの原因になっています。
紫外線B波(UVB)は直接日光にあたらないようにすることで、ある程度防げますが、地上に降り注ぐ紫外線の90%を占める紫外線A波(UVA)は、曇りの日も日当たりの良い家の中でも、日差しの弱まる朝方・夕方でも降り注ぐ量に大きな変化がないので、ケアをしっかりと心がける必要があります
さらに紫外線B波(UVB)は、冬は夏の1/5程度まで減るのに対し、紫外線A波(UVA)は冬でも夏の1/2程度と変動量が少ないので1年を通してケアが必要です。


Page Topへ