日焼け止めのSPFとPAってなに?

SPFとは、Sun Protection Factorの略で、紫外線B波(UVB)の防止効果を表します
数値の大きい方が紫外線B波(UVB)の防止効果は高くなります。
具体例:SPF30=>20分で日やけする人がSPF30を塗ると、20×30=600分。
約10時間程度の日焼け止め効果が期待できるというわけです。
しかし日やけ止めは時間がたつと効果がうすれるので、塗り直しは必須です。

PAとは、PAはProtection grade of UVAの略で、紫外線A波(UVA)の防止効果を表します。
PA+(PFA2以上4未満:効果がある)、 PA++(PFA4以上8未満:かなり効果がある)、PA+++(PFA8以上:非常に効果がある)などで表示され、+が多いほど紫外線A波(UVA)の防止効果は高くなります。
用途に合わせた日やけ止め選び 
 SPF10前後 / PA+程度  :散歩・買い物・洗濯物干し・通勤・通学等の日常生活
 SPF10~30 / PA++以上 :屋外での軽いスポーツ・レジャー
 SPF30~50 / PA++~+++ :炎天下でのスポーツ・レジャー
 SPF50+   / PA++++   :過酷な環境で長時間太陽光を浴びる活動・紫外線に特別敏感な人

値が高ければ高いほど肌への負担がかかります。『適切な日焼け止めをこまめに塗りなおす!がいいようです。
また、日焼け止めは開封した場合、およその消費期限は1年と言われています
もったいないと思っても肌荒れの原因になってしまうので、新しいものに換えましょう。



 


Page Topへ