ガラスに網が入っているのはなんで?

万が一火災が起きてしまった場合、一般の窓ガラスは炎の熱で割れて脱落しやすく、そこから炎が侵出・侵入してしまう可能性があります。
それに対し、防火ガラスは一定時間、炎の侵入・侵出しにくい構造になっています。
防火ガラスには、板ガラスの中に金網を封入した「
網入板ガラス」と火災の熱に強い「網なし耐熱強化ガラス」の2種類があります。
網入り板ガラスは火炎で破損した場合でも、中に封入されている網により破片を支えます。
網なし耐熱強化ガラスは火災時に破損しにくく、火災の侵入・侵出を抑えます。網が無いので錆びによる破損がなく、視界もクリアです。また、強化ガラスと同等の高い強度を持ち割れにくく、万が一割れても、小さな粒状の破片になるため、脱落など二次災害を最小限に防ぎます。
というわけで、ガラスの中に網が入っているのは防火ガラスにして、万が一の火災時の延焼に備えているということです。
 


Page Topへ